[2018-37]<自己発見>の心理学で自分の内側から変わる【読書レビュー#151】

yuka16011201IMG_5612_TP_V.jpg



こちらで一度同じ著者の「カウンセリングの理論」を取り上げました
これは1980年に出た本でした。
そのときのレビューでも書きましたが、古い部分があるのは否めませんが、
今読んでも十分役に立ちました。



そして今日ご紹介のこちら「〈自己発見〉の心理学」ですが、これまた1991年の本です。
なんですが、ぜんぜん古さを感じさせない一冊です。

ひとことで言うと、ビリーフ、ものごとの捉え方、自分の中の文章記述を変える。
そうすることでぐっと生きやすくなる、と。

まぁ人間の本質は昔から大きくは変わらないということでしょう。

自分でも試してビリーフをどんどん変えていけるといいなぁと思える、
そんな一冊でした。


自己発見の心理学
読了日: 2018年5月13日

この記事へのコメント